【お金がかからない分独学は学習方法でつまずきやすい。それでも勝利を得るには】

チャレンジ

2024年新たな目標として英会話ができるようになり、一人海外旅行することと掲げたものの、一緒にこれまで仕事頑張ってきた同僚の退職、新しい人材も入ってこないので、仕事に追われ血圧も上がり低血圧だった私も降圧剤を服用する始末。

英語学習もおろそかになりせっかく覚えてたものが、またまた忘れてしまい、はじめからやし直し。
こうもどうして忘れてしまうものかと自分の能力の無さを痛感。『一体いつになったら英語が話せるのだろ?』

時間だけが過ぎていき気が付けばもう3月。
気持ちを切り替えていかないと何も得ないまま時が過ぎ60才に突入しそう。

英検のように試験があれば、それに対応する参考書や問題集で学習すればいいのですが、試験もない独学となると期日がないうえ、学習方法もわからず手探り状態のためモチベーションが上がりません。

『これまで取り組んだ学習方法が間違っているのでは?』と思い、ネットで「大人の英語学習方法」を検索し色々みてみました。

やはり結論はインプット学習では英語は話せない。そもそもずっと以前からその答えはわかってましたが、アウトプットするための学習も身についておらず、また『間違ったら恥ずかしい』という思いが先に立ち邪魔していました。

今回も英検3級の本を見返し、つづいて英検準2級の本を読んでいて、はたまたつまずき『こんなこと会話でてくる?』『こんなことでつまずいて先に進まないよりも実際会話に出てくるフレーズをおぼえたほうが絶対いい!』と切り替え、英検3級プラス関係代名詞・関係副詞程度を覚えることしたことで気持ちが少し和らぎました。

ずっと学習するも一向に英語ができない自分に腹立たしさを感じストレスになってたのでしょう。
範囲が狭くなったおかげで気分も楽になり、学習意欲も自然と回復してきました。

いつまでに何をする。そのためには何をしないといけないのか。
ぶれない強い気持ちと期限がないとどんな人でも目的を達成するのに時間がかかると思います。

最終目標をかかげ、そのために必要なことを小さな目標とし、小さな目標が達成したら自分にご褒美を与えることも大事です😊人間ご褒美があるとどんなことでも頑張れる生き物ですからね😊人が集中できる時間は約25分ほどです。短いスパンで途中休憩をはさみながら、目標を達成した未来の自分を想像し楽しみながら学習することが一番大事だと思います。

大人の学習は仕事で夜は疲れているので、疲れきった頭で学習するよりも、十分な睡眠で休んだあとの朝学習をお勧めします。
私の場合は、英語なので、歯磨きや食器洗い・洗濯物を干す際などCDで耳から学習したり、昼休みのお昼寝後の隙間時間も本で学習してます。わずかな時間も有効に使いましょう。

情報化社会の現代はありがたいことに、わからないことはネット検索すればさまざま情報をすぐさま入手できます。その中で自分にあったやり方を見つけ、参考書も一冊だけにしぼり、何度も繰り返し繰り返し学習することで、おのずと記憶へと定着すると思います。

一日24時間。どう時間を使うのかは自分次第。新たな自分発見への挑戦に時間をまわしてみませんか?

子ぐまのプー
子ぐまのプー

欲しものがたくさんあるので
プチご褒美何にしよう?と考えるだけでワクワクが止まりません
何事も楽しんでやることが一番身につきます!